<< dq3プレイ日記 第四回 ピラミッド 黄金の爪奪取大作戦! | main | DQ3プレイ日記 第六回 ダーマ神殿〜船入手まで >>
2018.09.29 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.01.12 Tuesday

    DQ3プレイ日記 第五回 イシス〜ポルトガ

    0


       
      さて、最近すっかりDQ3プレイ日記ばかりが進行していく当ブログ。何か趣旨を間違ってないかとの突っ込みが入りそうですが、大丈夫です。このプレイ日記はちゃんと反竜伝記Afterstoryの構成に役立つ……はず!


      さてっ、余興は終わりだ……とばかりに、ストーリーを進めていくよ!
      とはいえ、魔法のカギをゲットしたので、道中で扉にはばまれ取れなかった宝箱だけは回収して回ります。



      おうごんのティアラだ!(性格が変わるから装備しない)



      ほしふるうでわだ!(性格が変わらないから装備する)

      うーん、リメイク版DQ3の装飾品は結構性格が変わるものが多いので、なかなか装備したいと思わないんですよね。もったいない。
      ただし、ガーターベルトは除きますが!

      で、あらかた回収し終えたので、次の町へレッツゴー。



      この名前忘れた洞窟に用があるのだ。
      だがしかし、この洞窟、出口がふさがれており向こう側へといけない。
      なんという公共事業! 責任者出てこい!



      なんだとぅ、勇者様ご一行だこのヤロー(笑)

      しかし、まだそこまで名声はとどろいていないのか、現場監督からは門前払いを食らう始末。
      しかたないので、別ルートを進みます。



      ロマリアの西にあるほこら。この扉も魔法の鍵で開きます。
      ここから新大陸へレッツゴー!




      現実世界でいうポルトガルにあたる、ポルトガです。
      ここではなんと船が手に入るという、だが、船を手に入れるには一筋縄ではいかない!



      なんと、今の時代なら100円ショップで簡単に手に入るというのに!(驚愕)
      この頃のこしょうは香辛料というより、万能薬として重宝されていたらしいですな。
      しかし、こしょう一つで船が手に入る……みなさん、もし万が一DQ3の世界に迷い込んでもいいように、こしょうだけは常日頃持ち歩いていたほうがいいですよー!



      お上(ポルトガ王)の怒りを触れたホビットのおっさんはなんと、岩そっくりのベニヤ板を外す! そこには出口が、ってそっちかーい!
       
      2018.09.29 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << January 2019 >>
        PR
        web拍手
        お読み頂けたらぽちっとおして頂けると大変うれしいです。
        Twitter
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recommend
         (JUGEMレビュー »)

        小説執筆には必須ともいえる日本語入力ソフト&ワードです。
        Recommend
        キングジム デジタルメモ ポメラ DM100 ブラック
        キングジム デジタルメモ ポメラ DM100 ブラック (JUGEMレビュー »)

        管理人も使っているシンプルメモ帳。小説執筆にも使えますぞ!
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM